『作るチェンマイ生活日記』から日本へ場所を移し『大地の借り暮らし日記』続行中です。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 試行錯誤 | main | 片付け 3 >>
進化

大地のロゴマークとして使っているバナナの木の輪切りのデザインをイベント用の立て看板にするつもりで板に転写。

下絵は写してあってので、ペンキでなぞる作業をしている。パソコンがない時代は、拡大も転写も大変だったろうなー。

看板作りに使う道具は、筆、ぞうきん、水、絵の具。小学校の絵の具セットと同じ。あの絵の具セットは一生使えるくらい完成されている。けど、小学校の時と比べると、それぞれ微妙に進化しているな。筆は、動物の毛ではなく人造毛の物が出回っていて、これが、格段に使いやすい。毛が抜けることもないし、毛先は揃っていて毛の弾力もちょうどいい。ペンキは、水性アクリルが出てきたのは最近(といっても20-30年ぐらい前?)で、水で解けるけど乾いたら解けないんだって!と驚きをもって使い始めた記憶がある。乾くと水では解けないので、パレットは食品用スチロールトレイを使うことにしている。使い捨て。

 

もうひとつ。完成されているといえば、裁縫セット。ねだって買ってもらった小学校の裁縫セットは捨てられなくてずっと屋根裏にあったのだけど、息子が使う時が訪れてうれしかった。

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://artdaichi.jugem.jp/trackback/967950
TRACKBACK