『作るチェンマイ生活日記』から日本へ場所を移し『大地の借り暮らし日記』続行中です。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

不忍池は雨の日お休み
雨の日はボートの貸し出しをしてないなんて知らなかった。雨だもんな。

この日のおみくじは大吉。


松本城
お城ってのは、どこからどう撮っても格好がいい。
いつも外から眺めるだけでしたが、今回は中に入ってみた。
 
驚いたのは急な階段!
昔の日本人が着物を着てどんな風に上り下りしてたんだろう・・・。
連休だったので混んでいて6階まで行くのは断念。息子は、展示してあったホンモノの火縄銃に感激し、ひたすら写真を撮りまくっていた。
このゆるぎない線とデザインに感心。

万国旗
 
無事終了!いいお天気でした。
電線のある風景
 
山暮らしも長くなってきたせいか、こんな風景が懐かしい。排気ガス、騒音、アスファルトもわるくないと思うな〜。町に住んでる人は、いなか暮らしにあこがれるけど。
村の秋祭り
 
郷土玩具
左は伊豆稲取の「つるし雛」。代表的な桃のモチーフです。ラベンダーをつめてみました。いい香りです〜。
右は、石垣島八重山の「星ころ」。これは荷づくりテープでできていますが、本来は、アダンの葉を乾燥させたもので作るそうです。 
伊豆稲取の吊るし雛
 
かわいい〜吊し雛。ひとつひとつのモチーフは縁起物だそうです。
うちのお雛さま

やっぱりかわいい!
おみくじ自動販売機1回100円

松本にて
赤玉ふとん袋

 この看板。偶然、母とこの前を通り過ぎる機会があったので、気になる看板だと言ったら、母の時代にふとん袋といえば、赤玉。なじみのものだったという話をしてくれて感動。下宿やをしていた母の実家に新しい下宿人が入るときは、決まって赤玉ふとん袋に入ってふとんが送られてきたそうです。