『作るチェンマイ生活日記』から日本へ場所を移し『大地の借り暮らし日記』続行中です。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

手作りクッキー
久々に型抜きをしてハマる。
今年の編み物スタート

「おしゃれ工房」から、昭和っぽい鍵編みの敷きものを編んでみた。目数を合わせるのに苦労。

裏は緑色。
たまご蜜蝋ロウソク

5月に同じ素材で作ったロウソクは、火をつけてみたらトロトロと芯が溶けてしまって使い物にならなかった(芯が化繊だったらしい・・)再挑戦したら今度はうまくいった。卵の殻に流し込んで卵型にしてみた。卵型っていい形だな。
 
リングピロー

来週末に結婚するお友達に、リングピローなるものを製作中(キットです)手作りにもってこいのハッピーなアイテム!楽しいです。
ノルマ達成!?

一段落しました。洗いをかけて、アイロン、ゴム通し作業へ。ミシン糸が〜っ、終わってしまった。という理由でノルマ達成としました。標高1,300mで制作するにあたって困るのは,ミシン糸をすぐに買いに行けない所。買いに行った所で色数がない所。今回、初めてネットショッピングしてみた。糸の値段もタイランドと比べるとずいぶん違います。タイだと400m巻で100円しないのに、日本だと200mで180円。どうしてこんなに違うんだ?!

 本日、アースガーデン夏のフェライヤーが届きました。いよいよ今週末です。ノルマ達成とはいへ、作り始めるとアイデアが止まらない。形にする努力をしよう。

 トンズラ事件から、だったら、自分で縫えばいい。と思えた事に感謝。このアイデアは、友達からもらった。自分で縫うしかないね。がんばって〜っと言われた。言われなかったらひとりなげやりになっていたところだった。こういう時、ひとりのアイデアの狭さを感じる。ひとりは危ない。そして、もひとつありがたいことに、自分で縫って得した気がした!縫う事を人に任せるのは縫う楽しみも渡す事だった。しかも、お金払って。変なの〜。
独り大量生産体制!(最悪の事態について)

仕事がはかどる雨!朝からNHK-FMを聞きながら裁断をして、明日は縫いに入れそうです。
 そもそも、なんでこんなに急に独り大量生産体制に入っているのか?と、いうと、3月にチェンマイで発注してきた新作をあきらめざるを得なかったからなのです。縫い子さんにすべてを託し、縫い上がったら送ってもらうという約束だったのですが待てど暮らせど届かない。そのうち、電話にもでてもらえなくなり、トンズラ説が浮上。こんなこともあると思わなかった訳ではない。が、ホントにこんなことになるとは!裁断をしながらも、やはりいろいろな気持ちが交錯する。悔やむ気持ちと残念な気持ちが大半で、後は、なんでこうなったのか。この気持ちの源はどこなのか。を考察。まず最初に、自分が縫い子さんを信じたという事があって、結果の裏切りがある。これが一番残念。やみくもに人を信じた訳ではなく長い間かけて築いた関係だったからこそ信用したんだと思うのだけど、ビジネスと考えたら完璧にアウトだった。と、後から思う。
 お金が消えてしまった事は悔やまれても、人を信用した事はどうしても悔やみたくないという気持ち。納得いかないから色々考えを巡らせる。今思い返してみると、ただ、単に信じたかっただけだとと思う。こんな最悪の事態を想像しながらも、信じたその後のスペシャルな事(全てがうまくいく事)を期待していた。信じなかったらそのスペシャルな事も起こり得なかったんだもの。でも、きっと、そのスペシャルな事ってのは、人々が信じ合ってて裏切りもないような美しい夢の世界でしか起こらないんだろうなぁ〜。それにしても、まぁ、もちっと巧い方法が思いつかなかったのか〜?ものごとを単純に考えたいから0か1で片付けようとすることが多々あるけど、0と1の間には0.3とか0.7もあるんだよな〜
まずは環境から

昨日に引き続き縫い物!と思ったが、さすがにちゃぶ台の上の作業は限界。姿勢が決まらなくて長時間の作業は腰にくる。頭のすみで、使えるんじゃないかな〜と思っていた机と椅子を持って来て、実際に置いてみたら、使えるっ!作業がしやすくなって体への負担も少なくなった。仕事、はかどる。

綿麻素材のタイパンツ(大人用)と、先日、日暮里のhumongousで買った薄手のインド更紗を使って、自分用のエプロンワンピも仕上がった。どうやって着ようか思案するの楽し。
縫い三昧



今日は、雨で八王子アートマーケットが中止になってしまい残念でした。しかしっ!こんな日は縫い物がはかどるので、先日裁断したものを縫いまくり〜!ほとんど直線のタイパンツは、面倒な作業があまりなく、パーツを重ねてはミシンがけの繰り返し。まさに縫いまくった感があります。
裁断開始

今日は、パターン補正から始めてジョキジョキと裁断までできた。ハサミを持ったらもう止まらない!次々と切りまくり〜!夏にぴったりの綿麻の生地をタイパンツに。縫うのも楽しみ。
始まる?!

今日は、ドライブに行こうと思っていたのに部屋の掃除をして一日を終えた。すっきり気持ちがよい。さーて、やるかっ!という気になって先日日暮里のいとこの店で買ったインド更紗を引っぱってきて母と相談。どっちがどの生地を着るか。白髪の母は明るい方の花柄に決まり。私は自分用の服から始まって、イベントに向けて何を作ろうかとか、今まで忘れかけていた感覚を思い出す。さ〜て!